ホームレスだったビーグル犬、家と地元警察での仕事を手に入れる。(2021年3月)

ビーグル

アメリカ、ペンシルバニア州のサスケハナタウンシップの地元警察では、通常業務のほかに新メンバーであるビーグル犬のオージー君と遊ぶ習慣ができました。

オージー君は、ハリスバーグの動物愛護協会によってサスケハナタウンシップで一人で歩き回っているところを発見されたホームレス犬でした。2020年9月に保護されたとき、生後14か月のビーグル犬でした。

現在、サスケハナタウンシップのリングルズタウンロードの警察署はオージー君の家です。

(ほぼ)毎日、出勤した警察官に挨拶することから彼の仕事は始まります。お世話係の警官は、オージー君がちゃんとお散歩できているか、ちゃんとご飯を食べることができているかを確認するためにオージー君のお世話を任されています。

彼は名札を付け、会議などにも参加し、さらには学校に駐在する警察官と一緒に学校を訪問するために街頭に出ます。 オージー君は、学校に駐在する警察官についていき、人々に挨拶しながら自由に歩き回ることができます。


YouTubeより

オージー君は自分のFacebookページも持っています。(オージー君のFacebook

Facebookでは、オージー君はHumane Societyの毎年恒例のクリスマス寄付ドライブを支援し、警察にて警察犬部隊を編成する際に、未来の警察犬におもちゃやおやつを寄付しました。

そしてオージー君は地元のコミュニティに受け入れられています。

北6番通りにある地元企業のAbramsand Weakley General Store for Animalsは、オージー君にドッグフードを寄付してくれました。 警察当局は、オージー君が警官を働きやすい環境を生み出し、地域の警察を後押しするのに役立ったと言います。

「私たちの学校の学校駐在警官は、警官と子供たちとの関係を円滑にするために、週に数回オージーを学校に連れて行っています」と公安局長のロバート・マーティンは言います。 「オージーは警官と生徒の架け橋であり、驚くほど働いてくれています。」

オージー君は地域の警察署にいる感情的なサポート犬の1匹です。同僚はもう1匹います。

2021年2月に、スワタラタウンシップは「タトゥー」という名前の犬を迎えました。生後3か月のラブラドールレトリバーとピットブルのミックスのタトゥー君は部門に寄付された犬でした。最近癌で亡くなり、tattoosのファンで25年間受付業務をしていた同僚のChristine Stoltzをしのんで名づけられました。

サスケハナ警察と同様に、スワタラタウンシップは、セラピードッグが、常に外傷性の出来事にさらされている警官を慰めるのに役立つことを発見しました。

「警官の業務は非常にストレスフルな仕事です」とサスケハナタウンシップ警察のマーティンは言った。

「私たちは皆、ペットがいかにストレスを和らげてくれるかを知っています。」

感情的なサポートのために犬を採用する警察署は、アメリカで全国的な傾向になりつつあります。

アトランタ警察は最近、2歳のテネシーマウンテンカーミックスである「スカウト」の採用を発表しました。

サスケハナタウンシップ警察署では、オージー君はスタッフの1人として扱われ、公式のバッジ番号が記載された自分のIDカードを受け取っています。

(彼の番号は714で、古いラジオやテレビシリーズで有名な『LAPD探偵ジョーフライデー』と同じです:ドラグネット。)

オージー君のお世話に配属された役員の1人であるAngela Coderoは、部署全体にオージー君の愛があふれていると言います。

「彼は間抜けで、走り回っていて、エネルギーに満ちていて、遊ぶのが大好きなので、いつも私たちは元気づけられています。」と彼女は言いました。

画像引用元:YouTubeより

文章引用元:Penn Live『Homeless beagle gets permanent home — and a job — with local police』