2年間行方不明だったビーグル、家に帰る(2021年3月、アメリカ)

ビーグル

アラバマ州フォーリーで2年前行方不明になったビーグルが、2021年の3月末にオクラホマ州で発見されました。

2年間行方不明だったビーグル、家に帰る

2019年4月に、ビーグル犬のリリーちゃんはアラバマ州で行方不明になってしまいました。

リリーちゃんは旅行者に拾われ、オクラホマ州タルサの近くで飼われていました。リリーちゃんを拾った家族は、2021年3月の地元の動物保護施設でリリーちゃんを連れていくことにしました。マイクロチップをスキャンしたところ、リリーちゃんの本当の身元と家が明らかになったのです。

飼い主は分かったものの問題は、彼女をアラバマ州フォーリーに返す方法でした。オクラホマ州からフォーリまで休まず車で移動して約13時間の距離です。


Google Mapより

たまたまアラバマにサッカートーナメントを見に行く予定のあったエイミー・エリクソンさんがリリーちゃんをフォーリーまで届けることを約束してくれたのです。

「私はリリーちゃんの話を聞いて、彼女をアラバマに連れていく必要があると感じました。私はアラバマ州フォーリーに彼女を本当の家に連れて行きましょう」とエリクソンは言いました。

ブルックさんにとって、リリーちゃんとの再会は素晴らしく感動的なことでした。

「リリーはいなくなった時と変わっていないように感じます。行方不明になってから2年も経ったなんて信じられません。彼女が戻ってきてとても嬉しいです。」

ブルックさんは、リリーちゃんがいつか戻ってくるという希望を決してあきらめず、「リリー」のマイクロチップに関する情報を最新の状態に保ち続けました。専門家は、ブルックさんがその努力をしたことがこの再会を実現するための鍵になったと言います。

画像・文章引用元ともに News WKRG 5内『Beagle lost for two years, returns home

 

リリーちゃん!おうちに帰れてよかったね!!