インドと犬の糞と私

インド日記

今、コロナウィルスの影響で私はインドに行けなくて、毎日インドについて考えては溜息をついている。

最近、去年の年末にムンバイに行った時に見た犬についてよく考えるので、その話をしたい。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

昨年度末、2019年末、ビカネールのカルニマーター寺院行った後、知り合いにシタールを売ってもらう約束をしていたのでムンバイのダージホテル近くの喫茶店に向かった。

Karni Mata Temple

ムンバイの街は比較的安全だと思う。車が日本よりオラついている事以外はある程度東京と同じように過ごしてもそこまで危険な目に遭うことはないとさえ、思える。

そんな街なので、ビカネールやデリー空港にいる時ほど警戒していない私はボケボケ歩いていた。突然うんこの匂いがしてきたのである。

「牛か?」と思って周りを見ると、野良犬が私の方を見ながら、自慢げにうんこをしていた。

なんだかすごく柔らかいうんこな上(ほぼ下痢便)に、その犬はとてもふくよかな体付きをしていたため、

「ああ、良いものを食べている野良犬なんだな」と思い、インド人に甘やかされているその犬の環境を勝手に想像して微笑ましく思った。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

最近、コロナウィルスで家にいる機会が増えたので、犬の散歩に行く機会が増えた。

犬が外でうんこをすれば、勿論拾う。いつも適度に硬くて拾いやすいハナマルうんこをするうちの犬はとても偉いと思う。

そのハナマルうんこを見るたびに、

「インドのあの自慢しながらクソをたれてた犬はカレーを食べて下痢だったのかな?」とか「実は体の調子悪かったのかな?」など不毛なことを考えてしまう。

 

インドは道中に何かのうんこの溢れている日本ではありえない道も多いけれど、そんなうんこにも一つ一つ物語があって面白いのかもしれない。

だけど私は出来ればもう二度と牛の糞は踏みたくない、とは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

チビすけ
ビーグル犬とインド映画が好き。 飼い犬のカブにゃんにはなめられ気味。 シタールを習ってみたい。