マハーバーラタにインスピレーションを受けた小説『アル・シャーと時の終わり』を読みたい!

インド本

お久しぶりです。ビーグル情報館です。

今回はアメリカの児童向け文学『Aru Shah and the End of Time』という本が、現在サウザンブックスさんで出版に向けてクラウド・ファウンディングを募っているので、本についてのご紹介をしたいと思います。

『Aru Shah and the End of Time』

日本語にすると『アル・シャーと時の終わり』でしょうか?世界の終わりかも?

本作はインド系移民の父とフィリピン系移民の母の間に生まれたアメリカ人のロシャニ・チョクシさんが執筆した児童向け文学作品。

ロシャニさんは父からヒンドゥー教の教えを聞いて育ったため、アル・シャー・シリーズ以外の作品でもヒンドゥー教の伝説や逸話などが散りばめられています。

アル・シャー・シリーズはマハーバーラタを基にして描かれたファンタジー物語です。

因みにパナマウントが版権を買ったようで映画化はほぼ決定しているようなので、ぜひ書籍化してほしいと思っています。

あらすじ

アル・シャーは、クラスメイトに馴染みたくて、つい法螺を吹いてしまう癖のある、12歳の女の子。考古学者にして博物館長、シングルマザーの母は忙しく、アルは寂しさのあまり、人の気を惹きたくて、法螺を吹いてしまうのだ。
博物館にある、恐ろしい呪いのランプ。クラスメイトに呪いの実在を疑われて、囃し立てられたアルは、つい勢いでランプに灯を点してしまう。だがその途端、ランプに封じられていた悪魔「眠れる者」が、縛めを解かれ、世界の時空が凍り付いてしまう。アルは、愛する母を凍り付いた時空から救うため、試練を乗り越えて眠れる者に立ち向かう。
マハーバーラタの主人公たるパーンダヴァ五王子。「眠れる者」が封印を解かれる度、彼らの化身が危機を止めてきた……アルが今世における化身の一人なのだ。パーンダヴァ五王子の生まれ変わりが、「眠れる者」のもたらす破滅を止めなければならない。だが、スパイダーマンのパジャマを着た女の子に、そんな大いなる使命を果たすことができるのだろうか?

クラウドファンディングのページより

読むにはクラウドファンディングが必要!

本作、クラウドファンディングで資金が調達できないと読めないところが悲しいところ…。

2020年2月3日までクラウドファンディングを募っているそうです。

↓↓↓

本を読みたい方はこちらから

 

マハーバーラタが好きな人は勿論ですが、インド映画が好きな人は気になる設定だと思うので一緒に応援しませんか📣