【★2.2】『勇者は再び巡り会う』

インド映画

『勇者は再び巡り会う』基本情報

2015年公開

158分

ヒンディー語・英語

監督 ロヒット・シェッティ

出演

ラジ役 シャー・ルク・カーン

ミーラ役 カジョール

ビア役 ヴァルン・ダワン

イシタ役 クリティ・サノン

キング役 ボーマン・イラニ

『勇者は再び巡り会う』の評価

ビーグル情報館独自の評価です。

全体

物語

配役

音楽

踊り

映像

演出

一言コメント

よくある娯楽作品。暇つぶしにはなるものの、シャー・ルク・カーンの単調な演技が相まってやや眠い。

『勇者は再び巡り会う』あらすじ

若い男女が恋に落ちるも、数奇な運命に仲を引き割かれてしまう。何年もの月日が経ち、2人は思いがけないきっかけから、赤い糸に導かれるように再び巡り会う。

『勇者は再び巡り会う』コメント

割と王道の娯楽インド映画といった感じの映画。

サクッと見れて(2時間半あるけど)頭を使わずに見れる作品。ただ、個人的にシャー・ルク・カーンの「お前の演技いつも一緒なんだよ!!!」感が苦手なのでちょっと苦手な作品。

ミーラ役のカジョールの演技もなんか少し白々しい感じが浮いています。

シャー・ルク・カーンファンの人には、シャー・ルクの戦闘シーンなどもカッコいいのでオススメできる映画ですが、そうでない人にとっては観る意味もそこまでないかも…といった映画。