ビーグル・ストリート保険、ビーグルを使ったCMでイメージを刷新

ビーグル

皆さん。アイフ●のチワワが震えるCMは覚えているでしょうか。今回はアイフ●のCMを彷彿とさせるイギリスのCMについての話です。

今イギリスでは、2012年に創立したネット保険会社の、ビーグル・ストリート保険が斬新な斬新なテレビコマーシャルを使ったとして話題になっています。


Credit:https://www.beaglestreet.com

お堅い保険のCMを変えたい!

小さいビーグル犬と、優しい心を持つ飼い主はレニー・ストリートとして知られています。彼らは、ビーグル・ストリートの最新のコマーシャルの顔に選ばれました。


Credit:https://www.thedrum.com/creative-works/project/abovebeyond-beagle-street-beagle-and-lenny-street

このコマーシャルの初めに、レニーと彼の小さな友達は、雨から避難している家族に会います。家族は普段海辺に住んでいるようです。

そして、ビーグル・ストリートの生命保険への加入を検討するように家族を説得するのです。

 

伝統的な生命保険のテレビコマーシャルの方法よりもブランドイメージを押し出した切り口の革新的な販売促進のCMは親会社のBGLグループにとっては、ここ2年ではじめての取り組みでした。CMはAbove + Beyond社によって製造され、The Specialist Worksによって管理されています

ビーグル・ストリート生命保険のマーケティング部門のリーダーであるニコラ・スタッブスさんは「今までの伝統的な保険のテレビコマーシャルとは違った広告を作りたいと思っていました。

生命保険は重要な商品であり、私たちはより多くの家族が保護されるべきであると強くに感じています。

我々はこのコマーシャルによって、多くの人に生命保険の大切さを気付き、生命保険の優先順位を上げることを願っています。」

Above + Beyond社のチーフクリエイターはディビット・ビリングはこう加えました。「私達は信念やこういったブランドの為にあります。ビーグル・ストリートは伝統的でお堅いものを辞めたいと思っていました。そして我々はそうする為に、被害を過剰に演出して、小さいけれども厳しい子犬を起用したのです。」


Credit:https://www.thedrum.com/creative-works/project/abovebeyond-beagle-street-beagle-and-lenny-street

 

参考 COVER ・the Drum

 

 

まとめ

分かりやすくて可愛いですね。