空港探知犬のビーグル豚の頭を発見

ビーグル

仕方のないことだけど、飛行機って持ち込みが禁止のものも多いし、持ち込み方も色々ルールがあって堅苦しい。

でも今回は「少しくらい良いじゃん!」っていうレベルを逸脱している持ち込み物を発見した探知犬のビーグルの話です。

 

空港探知犬ローストポーク発見

2018/10/11のこと。

アトランタ空港でエクアドルからの旅行客は、勇敢なビーグルが荷物の置き忘れを発見したため安心しました。また、その荷物の中にはロースト・ポークの頭が入っていました。

アメリカ合衆国税関・国境警備局はハーディーという名前の空港探知犬はアトランタのハーツフィールドジャクソン国際空港でこの荷物を警告。

 

CBPの農業専門家はその時1キロもの押し潰されて壊されたロースト・ポークの頭を発見しました。

その専門家曰く、他の大陸の豚や豚製品はアメリカへの持ち込みは許可されていません。(口蹄疫、古典的なブタの熱および他の動物病対策として)

写真がちょっと食べたそうにしてて可愛いw

 

写真はアメリカ合衆国税関・国境警備局撮影。

写真・原文はISJより