ビーグルに捧ぐ青春。ビーグルとフィールド・トライアルに打ち込む女性の話。

ビーグル

農村マーティントンのカイリン・コーレ(旧姓ウァリアムズ)はビーグル好きに成るべくして産まれてきたと言えるでしょう。

「私は生まれる前からビーグルを飼っていました。」と電話でのインタビューで彼女は言いました。

現在24歳のカイリンは3歳の時に犬と一緒に走ることを始めた、と彼女の父親のチュック・ウィリアムズは言います。

「犬と一緒に走る時、娘をおぶっていたんだよ」

43年間イロコイ川のビーグル達のチャンピオンであるビーグルを育ててきました。イロコイ川はウィリアムズ家族の家のあるマーティントンから数マイル南西にあります。

8月に、カイリンは猟犬と狩猟やよりよくビーグルを従える方法が書いてある雑誌を買いました。オハイオ川から10マイル、ニューアルバニーから40マイル離れた南東インディアナ州の小さなレキシントンというカイリンが現在住む街で出版された本でした。

レキシントンは彼女と、ビーグル愛好家やビーグルの専門家でサウスイーストインディアナ大学を卒業したカイリンの旦那なカレブ・コーレさんがいる街です。

『猟犬と狩猟』という本は1903年から出版されています。

カイリンは2017年7月から『猟犬と狩猟』のデザインと出版の広告エディタをしています。

 

彼女はマガジン業界にに4年前から関わっています。しかし、記事を書くことは彼女がドノバン高校の生徒だった2012年から書き続けています。彼女は卒業の一年前から彼女はピュリナでの仕事を得ました。

「私は今でもピュリナでスポーツコンサルタントをしているし、全国の狩猟に出席しています。」とカイリンは言います。

「私は健康のための栄養の事や犬の安全の事、ピュリナの商品の販売促進のセミナーをしました。

 

“私は常にビーグルを飼ってきました。” 

“私がビーグルが好きなのは遺伝です。”

と彼女は言います。

 

ひいひいおじいちゃんの一人は狐狩りの猟犬を走らせていました。

 ひいおじいちゃんのシモン・ウィリアムズはパインヴィルの周りの山の中クーンハンターでした。

数年前では、おじいちゃんのケンタッキー生まれのエディー・ウィリアムズは81歳にも関わらず現役で働いていて犬と狩猟もしていました。

彼はアライグマ狩りの犬からリス狩りの犬に変更していきましたが、今でも狩りや釣りがすきだそうです。

「私の最高のメンターでもある父は1979年にビーグル達を飼い始めます。父はそのとき18歳で毎日ビーグル達とずっと一緒にいました。そして、ナショナルケンネルクラブとアメリカンケンネルクラブのチャンピョンになったのよ」とカイリンは言います。

 

そして、カイリンも10歳の時からビーグルとのフィールド・トライアルに人生を費やしてきたと言います。

 

フィールドトライアルとは一定の基準によって鳥猟犬の演技力を競うアウトドアスポーツのことです。

 

「私は常に犬を原っぱで走らせてフィールド・トライアルで打ち勝てるように鍛えました。そして、12歳から馬にサドルバックを付け、犬を走らせる場所まで運んでトレーニングバタまで連れて行ったそうです。しばしばビーグルもカイリンさんも一緒にサドルに座って馬に乗ることもありました。

「たまに近所の人が手を振ってくれることもあったわ。今では小さな女の子がビーグルと馬に乗って歩いている姿が可愛らしい変なことだったってわかるわ。」

彼女は15会場でチャンピョンになり、22のナショナルタイトルを取りました。そして、3年間アメリカで一番のジュニアハンドラーとなったのです。

16歳から年間40~60回のビーグルのトライアル競技に出続けています。

2013年にカイリンは高校を卒業し、若い子にビーグルのフィールド・トライアルに参加してもらうためにアメリカ・ジュニア・ハンドラーズ・プログラムを設立しました。

「このプログムのお陰で300人の子供達が練習を始め、歴史の中で最も規模の大きいビーグルとのトライアルになりました。

のちに、カイリンはプロのビーグルのハンドラーになりました。

原文

画像の掲載元