沿岸警備隊、洪水からたくさんのビーグルを救う。

ビーグル

 

沿岸警備隊はフェレンツェでの救助活動の間にボートいっぱいのビーグルを救助しました。

アメリカの沿岸警備隊は自動車に閉じ込められたカップルと12匹のビーグルを救助しました。ノースカロライナでの救助活動でした。

USA TODAYのクリスタル・ヘイスさんは一部始終そこにいました。

ジョセフィーヌ・ホーンさんは16近くの水に沈んでいるトレイラーからフィートの沿岸警備隊パントボートに乗りました。

しかし、彼女が酸素ボンベから酸素を吸引している時、10匹のビーグルがまだケージの中にいることに気付きました。

何匹かは泳ぎ、必死に水から上がろうとしているビーグルもいました。

ビーグル達の鳴き声は近隣に響いていました。

別のパントボートはビーグルを引き上げ、沿岸警備隊のメンバーのミッシェル・モレッティさんは頭まで水で覆われそうなビーグルを急いで拾い上げるためにボートを飛び降りたそうです。

「もし、到着が数分遅れていたら、これらのビーグル達は生きていなかったでしょう。」とミッシェルさんは語ります。

すぐに赤のミリタリーボートはビーグルでいっぱいになってしまいましたが、沿岸警備隊のメンバーたちは笑顔になったそうです。

「船いっぱいのビーグルを保護したぞ!」とメンバーのテイラー・エリオットさんは笑ったそうです。「今日は人生最高の日だ!」ビーグルが大好きだったようです。

ビーグルが船の上を跳ねたりしたため、この救助は短いコメディの寸劇のようになってしまいました。

安全が確認されてから、何匹かの犬はボートをお風呂がわりに使うものもいました。

「もしかして彼、お漏らししてない?」とモレッティは笑顔で言いました。残りのグループのメンバーも笑い出します。

ホーンさんと彼女の旦那、ジャッキーさんは、元々今の家に避難してきていたそうですが雨と風が止んだように見えたのでトレイラーに戻ったそうです。

「何もかもが大丈夫なように見えました。天気も良かったのです。」と彼女は言います。「急に洪水になったのです」

ホーンさんは彼女の犬達が保護されことを聞いて安心しました。

 

USAtoday