メーガン・マークルの飼い犬ガイの本が出版される予定

ビーグル

メーガンさんがイギリスにガイくんを連れて来た時、「セレブならボガードもなんとか連れてこれないの!?」とか「なんで犬と別れなきゃいけない人と結婚するんだ??」などと思った管理人。

メーガンさんのビーグルが王室入り!動物好きな振りをしないでくれよ。

まあ結局メーガン・マークルの人生なので彼女のやりたいようにやれば良い訳ですが、今回はビーグルのガイくんの本が出版されるそうなので、ご紹介したいと思います。

 

 

主役はビーグルのガイ

メーガンマークルはケンジントン宮殿のおとぎ話の主人公ではありません。

保護犬から宮殿の犬になったメーガンの飼い犬ビーグルのガイが主役なのです。

出版社のシモン&シュスターはそう考えており、そして二人はガイについてだけの本をこの秋に出版予定です。

カミル・マーチとマイク・ブルムの共著で、イラストはEGケラーがビーグル犬ガイの「ガイと言う名のビーグル~驚くべき本当の話メーガンに救助された犬」と言う本になる予定です。

 

ブルムさんはエミー賞受賞作家で、ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベアというテレビ番組のプロデューサーも務めており、笑いのセンスには保証付きです。

コルベアは以下の宣伝文を本のために打ち出しています。「座って…じっとして…楽しんで!良い読者であれ!」

この本は2018年の10月20日に発売予定ですが、すでに笑える短編集の予約ランキングの一位になっています。

皆この本を読みたくて仕方がないのです!

 

 

愉快なおとぎ話

この本はガイが2015年にケンタッキーのドッグシェルターにいた時からの冒険について書かれています。

彼はカナダのトロントの動物保護団体に移されました。そこは“Suits.” というメーガンが出演してたテレビ番組ロケ地の近くでした。

メーガンはガイに里親募集のイベントで出会いました。メーガンは一目でガイを気に入ったそうです。

メーガンが彼女のインスタグラムのアカウントを消すまで、よくガイとボガードの写真を載せていました。


メーガン・マークルのInstagramより

(ボガードはメーガンの他の飼い犬。イギリスには連れて行ってません。)

ガイはメーガンの家でのびのびと幸せに暮らしているように写っていました。

 

その後ビーグルのガイは、メーガンと共に彼女の旦那のハリー王子の家にあるロンドンに移ることになります。

この本ではガイが王家に仲間入りしなくても伝えたい教訓をユーモアを交えながら読者に伝えたいとしています。


参考文