想像以上に安全な国インド。より安全に過ごすコツはあるのか?

インド旅行

初一人海外旅行でインドに行きました。

行く前はボッタクリが多いとか、ナンパが多いとか、観光協会に連行されるとかいい話を聞いていなかったので正直死ぬほど警戒していましたが、思った以上に安全だったので、その感想を書いて行きます。

ハイデラバードが取り分け安全な場所だっただけかもしれませんが…。

 

ナンパ多いから気をつけて!と言う話

インドに行くと日本人はモテるとは聞きます。

正直ナンパに会いたくなったので、「合わないように頑張ろ!」と思っていましたがナンパのナの字もないほど誰にも声をかけられない。良かった!!!

 

・スカーフ

・ユニクロの半袖ワイシャツ

・ナイキのダボダボのジャージ

・ビーサン

という格好で過ごしていたのと基本的に私が仏頂面なので、

 

ボッタクリが多い

多分私もボッタクられてるとは思います。

けど、彼らにも生活があるのでそこは仕方ないかなと殆ど言い値で払ってます。

(初めてで相場がよくわからないのもある)

 

でもリキシャマン以外はタクシーもUber相場プラス100〜200ルピーくらいだったので、南インドはそんなに騙してくる人がいないのかもしれません。

 

客引きが多い説

ゴールコンダ前のリキシャの客引きは多かったけど他はそんなに…というかほぼ皆無。

ゴールコンダ以外では、原宿のアフリカ系客引きのほうがヤバい。

 

また、「父親がインドに住んでるから会いに来た」と言ったら160度態度を変える人がいたので(面倒臭くて言うことになったの一人だけだけど)、

男親や男兄弟がインドにいるという嘘は結構使えるかもしれません。

 

英語が通じない…> <

高校生の時の一番苦手科目が英語。

でもなんだかんだセンター試験では175点とったし、リスニングは48〜50点を外したことがなかったのでそこそこイケると思っていました。

 

しかし、インド英語マジでリスニング出来ねぇ!!!

 

私の英語は通じるけど、相手の英語は意味不明。寧ろあれ英語じゃなくね??

“Write down please!”というと書いてくれて、書いてくれるとサクサク理解ができました。

インド英語用の英会話教室があったら通いたいレベルで意味不明でした。インド英語オォォォォ!!!!

 

交通事情は微妙

めちゃめちゃクラクションを鳴らしながらブンブン走るインド人。

1日に100人近く死んだもおかしくないような運転なのになぜか機能しています。

しかし慣れるとこっちも普通に渡れるのが更に謎。

 

スリ問題

スリにもあいなくなったので、お財布は持って行かずポケットとカバンに直に入れていました。

 

こんな感じ。

 

また、iPhoneもパクられたくないので前に使っていた壊れかけの5CをWi-Fiにつないで使っていました。

 

しかし、地図を見ながら歩きスマホをしていてもワシや鷹のように持って行かれることもなくやや肩すかしを食らった気分。

 

インドに来たのに日本と同じくらい安全な旅をしてしまって洗礼を受けた気が全くしません。(まあいい事なんだけどね)

 

日本でインドルピーの両替が出来ない

結構ルピーが余ったので成田で交換しようとしたら、日本ではルピーは交換出来ないらしい。

またインドに行くしかない。

 

悲しい瞳の野良犬

悲しい瞳の野良犬が多く、悲しくなって実家の犬に会いたくなってしまった私。

たまに怪我をしてる野良犬とかもいてとても悲しい気持ちになってしまいます。

 

ハイデラバードは安全!!

ハイデラバードは超安全な街だと思います。

また、外国人だからとジロジロ見てくるような人や、外国人騙すぞ!って人も少なくて日本人女性一人でも過ごしやすい街だなと感じました。

 

ご飯も美味しいし、日本でも気をつけることをしっかり気をつけていれば女性一人でも危ない思いはしないと思います。

 

安全に過ごすには何をすればいいのか?

たかだか一日安全に過ごしただけで何言ってんだオメーって感じですし、私の引きが良かっただけかもしれません。

でも、もっとハイデラバードに行く人が増えたら飛行機の直通便とか出来るかもしれないので、書いて行きます。

 

長ズボンorロングスカート、スカーフは必須

現地の人曰く、体のラインが隠れていれば良いようです。

 

特に脚は出さない方がいいそうなので、長ズボンかロングスカートが望ましいようです。

 

タクシーやリキシャに乗る際は位置情報を確認しつつ

行きたい場所への方角が大きく外れた場合などでも気づけますし、気付いたら変なところに連れてこられて…なんて事も予防はしやすくなります。

 

財布持たない方がスられない?

現地の人を観察していると、

薄いぺらぺらの財布を持っている人か、現金をカバンかポッケにそのままが多かったです。

マガディーラでもハルシャがそうでしたよね。チャイ支払うシーン。

もはや日本に財布を置いてってハルシャ気分を味わうのも一興かも。

 

チェーンや南京錠は心理的に役に立つ

チェーンが役にたってなのかは分かりませんが、上から急にパクられたりなどは防げます。

また、自分も落とした事に気付けるなどメリットいっぱい。

 

南京錠はリュックなど背面の見えない範囲の荷物があるときに一応付けてました。