【書評】『世界一シンプルな外国語勉強法』

インドの言葉

こんにちは、外国語習得が苦手なビーグル情報館です。

今回は外国語習得に関するちょっと意識の高い本をご紹介します。

買ったきっかけはTOEIC対策の単語帳を探していたら、隣に高々と積まれており立ち読みをしたところテルグ語習得に一役かってくれそうだと思ったからです。

本『世界一シンプルな外国語勉強表』の内容

純日本人の筆者がたくさんの言語を習得するに当たって、どんな言葉でも必要最低限覚えるべき単語とフレーズを見つけた!と言う話です。

そのフレーズを絞り出すまでの紆余曲折や失敗談、さらにこんな事をしたよ!っていう話がたくさん書かれています。

また、「その必要な単語や表現」を覚えた後はどうしたら定着したか、語彙を増やせたか…といった方法を具体的に紹介しています。

 

特に中国語、フランス語、スペイン語、韓国語とドイツ語に関しては別個に言語学習のヒントが書かれているので学習中の方には役に立つかもしれません。

 

感想

書店で立ち読みをした時に、中に乗っているリストが欲しいなと思って買ってたので、他の内容は一応読みましたが私にとってはほとんどオマケのような感じがしました。(失礼かも知らないけど…)

この本で紹介している勉強法はどんな言語にも使える勉強法ではあります。

しかし、筆者の思い入れのある言語を学習中の人はリスト以外の話も納得や共感をして読めるかもしれませんが、マイナー言語の学習者には「ふーん。その言葉はそんなかんじなんだぁ。」で終わるかもしれない。

 

重要な単語表に関しては、インドに行くまでに出来る限り覚えて行けば多少は違うかなと思っております。

全然時間ないからあんまり変わらないかもしれないけど…💦

 

また、少し覚えるだけでインド映画を観ている時に「知ってる単語ー!!」と言う地味な喜びが増えればなと思います。

 

まとめ

なぜこの記事を書いたかと言うと、バーフバリ関連のテルグ語記事を書いたものの、三日坊主(特に語学)がたたって全然続きをかけていませんでした。

テルグ語の教科書を丸ぱくしても意味ないし、バーフバリのセリフをリスニングして文字に起こせるなんて全然無理だし…と続かなかった訳です。

ですが旅行で多少は理解できたら良いかなと思って、自分も勉強しつつ基本の単語リストとかを少しずつ載せられたらなと思ってこの本を紹介しました。

 

この本の単語リストに忠実な単語リストは掲載していかないとは思いますが、また少しずつテルグ語の記事が書ければな、と思っています。

 

これからもよろしくね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

チビすけ
ビーグル犬とインド映画が好き。 飼い犬のカブにゃんにはなめられ気味。 インドに行くような企業案件舞い込んでこないかなあ…。