【インドの心霊】ITO(デリー)駅の幽霊

心霊・ミステリー

夏といえば心霊!

心霊といえば夏!

 

八月も残り少なくなってまいりましたが、心霊話でも見て夏らしさを感じて見てはいかがでしょうか?

今回もインドの心霊話をご紹介します。

 

ITO駅の幽霊

この出来事は少し前に起こったことだ。

僕はITOのバス停周りを友達とフラフラしていた。おしゃべりに夢中になっていると、急に誰かが自分の後ろを歩いている気配を感じのだ。

そのブーツの足跡はしっかりと聞こえてきて、さらにそのブーツの音は軍人のソレに聞こえた。そこで、僕は振り返ったけど驚く事に誰もいなかったのだ!

家に帰って父親にそのことを伝えた。驚くことに、同じバス停の近くで父親も同じ体験をしたことがあったそうだ。

また、友達の運転手も同じ体験をしたらしい。

「ある軍人がそこのバス停でバスに轢かれた」という話を教えてくれた。

 

その事故以来、多くの人がその軍人の霊を見かけたり足音を聞いたりしている。現在でもその霊はいますが、その軍人のせいで怪我や事故があった事はないのです。

(終)

原文