酔っ払い映画『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』

映画

『ハングオーバー』という映画の続編です。

欧米では、独身最後の夜を仲の良かった男の友達同士で集まり、お酒を飲んで好き放題をする「独身パーティ」をする事が昔からの風習だそうです。

 

映画『ハングオーバー』はどんな映画?

前作の映画です。

いつもつるんでる仲間のうちの一人が結婚をするので、独身パーティをするために集まった三人。

しかし、花嫁の頼みで花嫁の弟も加わり、気が付くと花婿は行方不明部屋に虎がいるなどのよく分からない事態に…!

果たして、花婿を探し出して結婚式には間に合うのか!

という映画です。

 

『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』のあらすじ

今度はタイで大暴れ!

いつもつるんでいるメンバーの歯医者君が結婚式をタイで上げるため一同タイに向かいます。

そして、結婚式の前々日の夜、花嫁の弟を交えみんなで酒を飲んでいたら、朝起きたらバンコクの汚ねぇ安宿にいた!!!!

然も弟は行方不明で指が落ちているだけ…。

またまた、結婚式に間に合うのか…!

 

感想(ネタバレあり)

デケえゴキブリがいた

安宿で起きるシーンでとてつもなくでかいゴキブリが写っていてキレそうになりました。

東京のチャバネゴキブリの二倍くらいありそうな大きさのものです。現物見たら私は卒倒します。どんなホラー映画よりも肝が冷えました。

(しかし、虫的な怖さでは未だにインディージョーンズに勝るものはないですね)

 

タイってニューハーフの国だったの?

夜遊びする方ではないので知らなかったのですが、タイはニューハーフの国らしい。(この映画で言ってた)

あと「バンコクに捕まった」というセリフが多かったです。インド同様バンコクに心底惚れて行方不明になる人が多いのでしょうか。

 

猿が可愛い

ハードロックなジャケットを着た、麻薬の密売人の猿がいてちょっと可愛かったです。

 

安定のエンディングの写真が面白い

エンディングでみんなで何をやっていたか分かる写真を見るのが、もはや定番に。

歯医者も色々ヤバかったけど、花嫁の弟も頭悪そうで面白かったです。(褒めてる)気になる方は是非映画を観て自分の目で確かめて欲しいです。

 

沈黙の誓いの坊さん

沈黙の誓いをしたから、喋れないというお坊さんを誘拐してしまう一行。

写真や記憶でお坊さんも楽しそうにお酒を飲んでいたり、楽しそうに薬をやっていたりして「これ良いんですかー!!」って感じでした。

一行のくだらない下ネタにもニコニコしてたし、喋ったら以外とスキモノなのかも。

 

まとめ

安定の錯乱映画でした。

気になる方は是非観て観てくださいね。