アフィリエイター、フリーランサーにオススメする領収書の整理の仕方。

どうも。ビーグル情報館の管理人です。

今回は、アフィリエイターの方やフリーランサーの方が困る「レシートの扱い方」について書いていこうと思います。

 

と言うのも、私はかれこれ三年くらい同じ会計事務所でバイトをしていて(継続中)、フリーランスの方やアフィリエイターの方もいらっしゃいますが、皆さんレシートの管理に困っている様子。

 

私は税理士資格はないので、税法や申告については何も書けませんが、レシートの整理ゆるい帳簿のつけ方を紹介します!

 

 

どのレシートを大切に取っておくか

「後で経費になるかも!」と思ってレシートを取っておくと山のような量になって、後で見る事さえも嫌になることはありませんか?

最初からレシートを減らすために、どのレシートを大切に取っておくかを説明します。

 

まずレシートは四種類あると思います。

①現金のレシート
②クレジットカードのレシート
③現金で支払った振込書
④口座から出金の振込書

 

まず、①現金のレシート③現金で支払った振込書大切にとっておいてください。

 

 

次に②クレジットカードのレシートです。

ビジネス用のカードを持っていて、仕事の為だけに使っている場合はレシートは破棄して毎月送られてくる明細だけで大丈夫です。


Credit:http://www.goldpoint.co.jp/support/meisai.html
こういうやつです。

 

プライベートでも使うカードで必要経費を支払っている場合、

明細を見られてもいい→明細にマーカーで印をつけて使った内容をメモすればOK

明細を見られたくない→レシートを取っておいてください。

 

ここで、クレジットカードのレシートは二枚の時がありますよね?

下の例は違うレシート同士ですが、同じ買い物で出てきた二枚のレシートは値段も日付も一致します。

その二枚をホッチキスで留めてまとめておきましょう。

↓こういう普通のレシート


http://miraimirai01.com/?p=6551


↓カード売上票


https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q14180066264

 

 

個人的にはビジネス用のカードを作って、

カード支払ができる場合は現金も使わずにそのカードを使えば、買った履歴が全部明細に乗るのでオススメです。

 

 

④口座から出金の振込書

これは通帳に履歴が残るので捨てても大丈夫ですが、自分で「何に支払ったのか」は把握しておいてください。

空白の所にゴリゴリ書くとわかりやすいです。

↓こんな感じ。鉛筆だと全然問題なく書けます。


Credit:http://yamanasiwanko.blog3.fc2.com/blog-category-13.html

 

レシートの保管の仕方

私のオススメは、

A4のノートにベタベタ張る事です。

 

↑イメージ

 

理想は出金があった毎にレシートをペタペタ貼っていくと後で焦ってやる事もなくて良いと思います。

 

 

しかし、毎日やるのは無理!と言う人は、ジップロックか封筒を12枚用意してください。

ジップロックか封筒に月を書いて、

「今日は5/13だから五月の袋に入れよう」

って感じでその都度袋に入れるだけでもだいぶ楽ですよ!

ジップロックや封筒はスタバの紙袋とか伊勢丹の袋に入れておくとバラけないし分かりやすいんじゃないでしょうか。

 

現金支払いの帳簿

拘りのない人はエクセルに

「日付、店名、概要、金額」だけを打ち込んでしまいましょう。

 

コツは概要を細かく書かないこと。

確定申告をする際に最終的に概要毎の足し上げが必要になると思います。

そこで、エクセルを使って「概要」をソートする時に、種類がたくさんあっても、長々しくても集計が取りづらいので、大体下のように分けるとソートしやすいと思います。

・会議費(一万円以下の食事代)

・交際費(一万円以上の食事代、贈り物代)

・交通費

・ガソリン代

・通信費

・書籍代

・サーバー代

・ドメイン代

・消耗品

・事務用品

・その他

あくまでこの分け方は私の好みなので、皆さん自分の好きに設定してください。

 

これで現金支払いに関する資料整理は大体終わりました。

 

不安な人は

・レシートを貼り付けたA4のノート

・エクセルで作った表

・クレジットカード明細

・通帳

の4点セットを持って区役所などでやってる税理士さんの無料相談会や、税務署に行けば何とかなります。

何か足りなくても、その4点があれば何が足りないかはすぐ教えてくれるので安心してください。

 

稼いでるなら税理士を雇った方がいい

別に税理士会の回し者ではありませんが、税理士さんに頼む余裕があるなら依頼した方がいいと思います。

というのも、やはりプロですので日々の経理はもちろん、家や事務所を買う時に相談したり、保険に加入する時に相談したり、とお金に関してはオールマイティに頼ることが出来ます。

自分で本を読んで勉強する事も大切ですが、信頼のできる税理士さんを見つけて自分は自分の事業に打ち込むのも一つの手ではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
チダ

チダ

ビーグル犬とインド映画が好き。 飼い犬のカブにゃんにはなめられ気味。 最近の目標はインドに行ってレポート記事を書く事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です