「強い女」が好きなら絶対好きになる映画。『高慢と偏見とゾンビ』

もうこのポスターだけで不安になるよね

B級ゾンビ映画臭プンプンするけどすごく見応えもあるし、主演二人ともディズニー映画の主演を張るような方なので超安心。

 

女の子の方(リリー・ジェームズ)は実写版シンデレラでシンデレラをやっています。

男の方(サム・ライリー)は眠れる森の美女のカラス役をやっていました。

 

この映画見た後にシンデレラを見たら継母や義理の姉の首が飛びそうで心配になってしまいます笑

『高慢と偏見とゾンビ』あらすじと感想

あらすじ

時代設定は『高慢と偏見』と同じで、18世紀末から19世紀初頭のイギリスの片田舎を舞台となっています。

原作の小説を読んだことがないのでよく知らないけど、人物設定も殆ど同じらしい…。

ただ、圧倒的に違うのは、『ゾンビが当たり前に居て、感染病』のように認識されていること。

そのため、男も女も良い家の娘だと、ゾンビから身を守るために剣術や武道の教育をされている。

主役の姉妹は死ぬほど強い。

そして、そんな中でこの姉妹たちの結婚事情と、誤解と偏見から起こる恋のすれ違いを描いたラブドラマなのだ。

 

感想

バーフバリに出てくる女の人が好きならぜっっったいに好きになる映画。皆さんデーヴァセーナ並に強いんですよ!!!

↑この圧倒的機動力↑

 

特に主役のお姉さんが可愛くて私は好きです。

シンデレラでは可憐な可哀想な女の子をやっていたけど、こっちはめちゃくちゃ強いし芯もあるし観ていてスッキリします。

 

あと、「ゾンビ映画の様式」なるものも守られているらしいので、元々ゾンビファンの方も安心をして観れます。

 

とりあえず謎の勢いに押されるので是非に観て欲しいです。

 

↑は?プライムビデオ高すぎ

吹き替え版の値段は普通なのでオススメです。

The following two tabs change content below.
チダ

チダ

ビーグル犬とインド映画が好き。 飼い犬のカブにゃんにはなめられ気味。 最近の目標はインドに行ってレポート記事を書く事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です