#わざとぶつかる人 の話。危ないから辞めてほしい。

少し流行りもすぎているようですが、Twitterで「#わざとぶつかる人」というタグが話題を呼んでいます。

当サイトの管理人も、「#わざとぶつかる人」にタックル等をかまされてイラっとしたことがそこそこあるので、少しでもタックラーが減ればいいな、と言うことで自分の話を書こうと思います。

 

管理人はあまり歩きスマホはしません。

別に格闘技を習って居たわけでも喧嘩が強いわけではありませんし、寧ろめちゃくちゃ弱いです。

しかし、ムカついたり、喧嘩を売られているなと思うと頭に血が登ってしまう江戸っ子です。良くないね。

足を思い切り踏んで来る人

あれは2015年の秋ぐらい。

一年のうち4〜10月はサンダルな管理人はその日もサンダルで新宿駅の西口を歩いていました。

すると猛スピードで横から来るおっさんが居たので避けました。しかし避けたのに、なぜか足を踏まれたのです。しかもめっっっちゃ思い切り。

普通悪気のない人にたまたま踏まれてしまった時、ハイヒールの人以外そこまで痛く感じたことが無いし、こいつワザと踏みやがったなと思いました。

咄嗟に

「テメェ!!!!いてぇんだよ!!!!!!」

と怒鳴ったところ猛ダッシュで逃げて行きました。

自転車タックルおじさん

今度は秋葉原を歩いて居た時です。

秋葉原と言っても電気街から外れた神田寄りの所を歩いて居ました。人の往来は結構あるところです。

歩道を歩いていて、ビルに入りたかったので、歩道を横切る?ビルに近づいていったら、自転車の急ブレーキ音と「邪魔なんだよ!このブス!」の怒鳴り声が。

カチンときて「はぁ!?!?!?!?」と声に漏れてしまい、おっさんに絡まれました。

「歩道なんで、歩行者優先です。自転車で飛ばしたいなら車道を走れ」と言って、その場が収まるわけでもなく、おっさんと30分近く怒鳴りあいました。

めっちゃくちゃ怖かった。

終始「女のくせに歩道のこと分かってんのか!」みたいなことを言われ、要するに女だからぶつかったんだなと思い余計イライラして、食ってかかりましたが、最終的におっさんに逃げられモヤモヤして終わりました。

て言うかマジで歩道で偉そうにする自転車嫌いなんですよね…歩行者の邪魔にならないように走れよ…免許取る時やるだろ…

その後、職場の人(男)に「そう言う時はすぐ警察呼ばなきゃー!」と言われました。

エスカレータータックルおじさん

新宿駅の大江戸線の乗り場から、JR南口に向かう時そこそこ大きなエスカレーターがあります。

2017年の年末、人と約束があったのでエスカレーターに並んで居たら、突然タックルされた衝撃があり、エスカレーターの列から外れていました。

更に飛ばされて、エスカレーターのベルトに顔がぶつかりそうに。

「危ねぇじゃねえか!」って怒りと「顔が傷付いたらどないしてくれんねん」とムカついてしまい、タックルをかましてきたジジイにタックルを仕返してしまいました。

その後、エスカレーターに乗ってる間、ずーーっと喚かれましたが、ジジイの奥さんが

「あんたまたワザとぶつかったんでしょ!バカバカしい」の一言を放ったら丸く落ち着きました。

妻同伴でタックルかましてんなや。

女装は避けるタックルおじさん

これは私はタックルされてませんが、一応。

新宿駅の西口から東口に向かう地下道で、伊勢丹の方から西口に向かって歩いて居ました。

すると、割と離れた所で人の流れと逆流して女の子にしかブツからないおっさんが肩を振って歩いていました。

見てて「クソだなー」と思っていましが、

向かいから身長190越えのミニスカート、ツインテールの女装の方がいらっしゃいました。鍛えられるような体格の良さを身につけてる方でした。

多分、武闘派ニューハーフの方です。

で、タックルおじさんはその女装の方だけは綺麗に避けて、また女の人にタックルをしに行ったのです。

それを見て何か世界の真理に近づいた気がしました(嘘)

まとめ

個人的に「女の人、子供にしか」ぶつからない、偉そうにしない、と言うところがとても腹が立ちます。

真っ直ぐ歩くために誰にでもぶつかってくおばさんの方が、ムカつきますがまだマシだと思ってます。

 

また、割と気をつけているので正面からぶつかられる事はあまりありませんが、それでも後ろから横からとタックルされてしまいます。

 

タックルされたら、取り敢えず捕獲して警察を呼ぶのがベストだとは思います。

なかなか出来ないけど…

The following two tabs change content below.
チダ

チダ

ビーグル犬とインド映画が好き。 飼い犬のカブにゃんにはなめられ気味。 最近の目標はインドに行ってレポート記事を書く事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です