初バーフバリ絶叫上演!!創造主も讃えました。

想像の5万倍楽しかった!

まず、新宿ピカデリーに着くと

 

 

 

 

 

 

オリジナルグッズを下さるマヒシュマティの民の皆様。クオリティが死ぬほど高くてビックリ…くださった方ありがとうございます…!!!

 

チケット発券コーナーもハイクオリティなコスプレの方が沢山いて開始前からテンションがガチ上がりです。

また、話しかけて下さる方もいて嬉しかったです。コミュ障なもんで上手く返せなかった事が心残りです。

前説が分かりやすくておもしい

カッタッパとアマレンドラ様が前説を。

踊らない、走らない、撮影禁止など、皆が楽しく絶叫できるように注意をしてくださいました。

また、「創造主がいらっしゃるめでたい席なので、ヤシの実を割ろうかと…」とエンターテインメントなことをしてくださいました。(割ってない)

↓頭を叩かれるカッタッパ

本編始まった!

正直劇場初バーフバリだったんですが大画面でアマレンドラ様、デーヴァセーナ様拝むともうテンション爆上げですね。

尊い。

 

バーフバリ絶叫上映のここがすごい!

・観客の心が自然と一つになる。

・クマラが出てくると「可愛い〜」って声が必ず上がる。正直可愛いもんね。

・「この国の娘に恋心を…」ってシーンで「キャー!誰ー!?」って知り合いの息子の恋話のテンションに。

・ビッジャラーデーヴァのお酒の飲み過ぎを注意する声が上がる。

・船が飛ぶシーンで皆が感心した声をだす。

・バラーラデーヴァの戴冠式が自分もその場にいるかのような臨場感がある。

・アマレンドラ様が国外追放された時、国民として心からお迎えできる。

・デーヴァセーナの裁判のシーンで皆で盛り上がる。

・アマレンドラ様が死ぬシーンが近づくと民は息を飲んで観てる。

・マヘンドラとバラーラデーヴァの闘うシーンの応援のしがいのっょさよ。

・一緒に歌を歌っちゃう。

・また次も行くぞ!と思っちゃう。ていうか時間が経つのがめっちゃ早い。

 

創造主のトークタイム!

あらかじめ用意されていた質問に答える形式で色々とお話を聞かせていただきました。

ケータイが古いので写りが良くありませんが、監督とプロデューサーです。

一番面白いなって思ったのは

「日本の絶叫上映は本場インドの普通の上映とはどう違うの?」って質問に

「インドは絶叫し過ぎてうるさくて何言ってるか分からないし、映画の音も聞こえない。正直金を払って何を観てるの?って感じだよ。でも日本は絶叫してても映画の邪魔もしないし、合いの手を入れる息が揃ってたりして素晴らしいね」

みたいな事を言って、本場どれだけやねんって思いました。

 

また絶叫上映に行きます!

その時はマヒシュマティの皆様、また是非よろしくお願い致します。

The following two tabs change content below.
チダ

チダ

ビーグル犬とインド映画が好き。 飼い犬のカブにゃんにはなめられ気味。 最近の目標はインドに行ってレポート記事を書く事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です