インド映画『ムトゥ 踊るマハラジャ』

インド映画

インド映画にガチハマり中の管理人。

とりあえず、有名なものから観ていこうと思ったので『ムトゥ 踊るマハラジャ』を観ました。

上映年、言語など

インド1995年10月23日
日本   1998年6月13日

166分

タミル語映画

主演はラジニカーント

感想

屋敷の動物が可愛い

話には全然関係ないけど馬とかクジャクが可愛い。あと小象とかがパオンパオンしてる。

インドの金持ちの家にはそこそこ象とかいるのでしょうか?

 

主演女優が美人

ポスターのお姉さんです。

めっちゃくちゃ美人ですしスタイルも抜群です。インドの女優さんはかなり美人な人が多いですね。

 

話が臭い

ムットゥの出生の謎以外はほぼ予想通りの展開。割と好きな映画ですが、胃もたれしそう〜〜!!!!!って思う時がしばしば。

(それが醍醐味だけど)

 

謎のヌンチャク?シーン

なんだかよく分からないけど、ムットゥが「シャッ!シャッ!」と腰布をヌンチャクみたいに振り回すシーンが多いです。

あれは何なんですかね?

特に腰布ヌンチャクで人を殴ったり、敵を威嚇してるわけではないのでなぜあのシーンが沢山入っているのかよく分かりません…笑

ラジニ様のトレードマークかなんかなのでしょうか。

 

アクションシーンがダサい(褒めてる)

ハリウッド映画でも、昔の映画って独特のダサさがあるじゃないですか。

そんなダサさがムットゥにもあります。アクションシーンとか割とダサいけど、それでも面白いと思える映画です。

でもダサいです。

 

ギャグ度が高い

映画の中での掛け合いなどが、笑わせてくれるものが多くて気軽に見れます。インドのギャグセンスはあんまり日本と変わらないのかも、とも思います。

 

言語が気になる

途中で、タミル語圏でないところに迷い込んでしまうシーンがあります。

あそこは何語圏だったんでしょう。テルグとかなのかな?

インドの言葉は沢山あって日本の方言よりも難しそうだなと思います。

 

腰紐ヌンチャク★★☆☆☆

歌、踊り★★★★☆

ストーリー★★★☆☆

アニモー★★★★★

三時間近い映画ですが、長い!と感じることもなく楽しく見ることができました。時間が過ぎるのが短く感じる映画です。

ただ、典型的な歌って踊るインド映画なので、インド映画アレルギーの人にはあまりオススメできない映画かもしれませんね。笑

 

古いためか、アマゾンビデオに無かったので、ツタヤディスカスで借りました。

すぐに借りれて、自宅に届くので本当に便利でした。

ツタヤ

ただ、借りたい時に借りられていると時間がかかります…。